レポート

アイティメディア株式会社

「NVMe」など新技術で加速、「ストレージネットワーク高速化技術」のこれまでと今後

フラッシュメモリを搭載した高速に読み書きできるストレージの人気が高まるにつれ、各種ストレージネットワーク技術の高速化も進みつつある。本稿では各種ストレージネットワーク技術のこれまでの道のりと今後の開発予定について解説する。

要約

 企業のストレージ環境を高速化する技術の選択肢は、ますます充実している。ファイバーチャネル(FC)は終焉を迎えると予測する声もあるが、市場調査を見ると、依然としてミッションクリティカルなアプリケーション向けに多く利用されている。イーサネットはストレージネットワーク技術としてますます人気が高まっており、他の技術より速いペースで開発が進んでいる。ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)環境の選択肢として人気のある「InfiniBand」も大幅な高速化が進んでいる。SAS(Serial Attached SCSI)は、ホストコンピュータとHDDやSSDの間のデータ伝送に広く使用されており、2019年までには従来の倍近い25Gbpsの速度が実現する見込みだ。

 特にストレージインタフェースの標準規格「Non-Volatile Memory Express」(NVMe)は、SSDが真価を発揮するための新技術として注目を集めている。さらにNVMeは、NVMe規格をベースとするNVMe over Fabrics(NVMe-oF)という規格も開発した。これはNVMeがもたらす低レイテンシと高パフォーマンスの利点を企業のサーバとストレージをつなぐネットワークファブリック全体にもたらす。

 本稿では、各種ストレージネットワーク技術のこれまでの道のりと今後の開発予定について解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アイティメディア株式会社」に収集される
  • 「アイティメディア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アイティメディア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/09/07
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ360 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け