レポート

日本マイクロソフト株式会社

警戒すべきは“72時間ルール” GDPR対策として必須なデータ追跡と暗号化

個人情報漏えいがあった場合に72時間以内の当局への通知を義務付けるGDPR。しかし、漏えいに気付いた時点ではEU居住者のものか判断できないという課題もある。通知要件の緩和にもつながる「暗号化」など、GDPR対策に有効な施策を解説する。

要約

 2018年に適用開始される「一般データ保護法」(GDPR)では、個人情報漏えいがあった場合にその事実を72時間以内に関係当局へ通知することを義務付けており、同規則に違反した企業は多額の罰金を科される可能性がある。

 同規則はあくまで、欧州連合(EU)に居住する個人のデータが対象だ。しかし、多くの大企業はデータ漏えいに気付いた時点では、侵害されたデータがEUに住む個人のものかどうかを確認することが難しいため、顧客データの漏えいを全て通知し、コンプライアンス違反のリスクを減らす必要が出てくる。

 本稿では、GDPRのデータ漏えい通知義務に備えるための心構えと、GDPR対策におけるデータ追跡と暗号化の有用性について解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 今後マイクロソフトより、最新の製品情報や各種セミナーのご案内など、有益な情報をお届けするための連絡方法をお選びください。(必須)
Q2. 本記事を閲覧する目的は何ですか?(必須)
Q3. IT(情報技術)へのお客様自身の関わり方として当てはまるものをお聞かせ下さい。(必須)
Q4. お客様の社内における立場 / 役割についてお聞かせ下さい。(近いものを1つだけお選び下さい)(必須)
Q5. ソリューションや製品 /サービスの「導入決定」に関するお立場をお伺いします。(必須)
Q6. 本記事に関連するテーマ/製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください。(必須)
Q7. 今回ご紹介したソリューションや製品/ サービスを導入するための「ご予算」についてお伺いします。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/31
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ359 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け