技術文書

レノボ・ジャパン株式会社

x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド

「Windows Server 2016」のDatacenter Editionは、OS標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築を可能とする。そこで、x86サーバでHCIを構築した場合に、どれだけのパフォーマンスを発揮するのかを徹底検証する。

要約

 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶域スペースダイレクト」だ。

 これは「Datacenter Edition」で採用されたSDS(Software-Defined Storage)技術で、サーバ内蔵ストレージを使って、クラスタが共有する分散ストレージの構築を可能とする。この記憶域スペースダイレクトのもう1つの特徴が、Hyper-VやSQL Serverなどを同時に実行するHCI構成にできることだ。

 そこで大きな関心を集めているのが、x86サーバを使って性能や信頼性に優れたHCIを低コストで構築するというアプローチだ。本コンテンツでは、Windows Server 2016の新機能とx86サーバで構築したHCIが、どれだけのパフォーマンスを発揮するのかを徹底した実機検証により明らかにする。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/29
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間27ページ
ファイルサイズ2.50 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け