製品資料

ジェイズ・コミュニケーション株式会社

文科省のガイドライン案にも対応、教育機関に最適なインターネット分離技術とは

今後、全国の公立小中高等学校なども、校務系システムをインターネット環境から分離するように求められる。その対策には、発表予定の文科省のガイドラインに沿い、使い勝手などを考慮しながら製品を選定していきたいところである。

要約

 近頃世間を賑わしているさまざまなサイバー攻撃に対して、教育機関も安心してはいられない。実際に、学校が保有する機微情報に対する不正アクセスの事案も発生し、児童生徒の個人情報を守るためにもインターネット環境を校務系システムから分離する必要が出てきている。

 教育機関のセキュリティ強化に関しては、文部科学省が現在策定を進めている、「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン案」に基づく必要があり、インターネット分離についても自治体のセキュリティ強靭化の考えがベースとなっている。

 インターネット分離を実現するソリューションやその実現手法も多数存在するが、文科省の要件を満たしつつ、コストなどの面でも教育機関に最適なものとなると選択肢が限られてくる。そこで、本ホワイトペーパーでは、既に企業や自治体でも実績が多数あり、文科省のガイドラインを満たすインターネット分離ソリューションを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/28
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ582 KB
対象業種教育
対象企業規模全企業規模向け