製品資料

ジェイズ・コミュニケーション株式会社

企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体

高度化するサイバー攻撃に備え、自治体だけでなく企業でもインターネット分離を採用し始めている。既存のソリューションでは、コストや使い勝手の点から課題も多いが、それを解決するのが、コンテナ技術を活用した製品である。

要約

 高度なサイバー攻撃が世界的に流行する中、企業の多くは複数のセキュリティ製品を導入して多層防御策を講じている。ただし、セキュリティに絶対確実というものが存在しない今、注目を集めるのが、「インターネット分離」である。脅威の侵入経路になりやすいインターネット環境を重要な情報を扱う環境と隔離し、マルウェア感染による被害を防ぐことができる。

 最近では総務省が全国自治体にインターネット分離を実施させたが、民間企業でも社内の機密情報や個人情報をサイバー攻撃からより確実に保護するため、一部の企業ではすでに導入が始まっている。

 ただし現在のインターネット分離の主流方式では、コストが高くユーザーの使い勝手も良くないため、安全性が高まっても別の懸念事項が残ってしまうという課題があった。

 そこで本ホワイトペーパーでは、既存のインターネット分離の課題を具体的に解説するとともに、先行する製品の弱点を解消したインターネット分離ソリューションを紹介。コンテナ技術を採用することでサーバ負荷を軽減し、使い勝手も良いため、すでに数多くの自治体や企業での導入実績があるという。その詳細を見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/22
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ710 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け