製品資料

株式会社クオリティア

標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは?

標的型メール攻撃の被害が拡大する中、システム側のセキュリティ対策に加え、ユーザー側での防御の重要性が増している。そこで、ユーザー自身が疑わしいメールに気付く仕組みを備えた、“目視”による対策製品が注目されている

要約

 企業や官公庁など、特定の相手を狙い撃ちする標的型メール攻撃。その手口は年々巧妙化し、企業や団体だけでなく、個人にとっても大きな脅威となっている。その対策として、サンドボックスなどの導入が進んでいるが、それでも100%防げる保証はない。

 そこで効果を発揮するのが“ヒトの目”だ。添付ファイルからのウイルス感染を防ぐ上では、ユーザー自身が疑わしいメールに気付き、悪意あるファイルをダウンロードしない仕組みを作ることが、手軽かつ確実な手段となる。

 それでは、どのように「ヒトの目」を使って標的型メール攻撃から身を守るのか。本コンテンツでは、導入済みのサンドボックスやファイアウォールとも連携可能で、低コストでの導入ができる標的型攻撃対策ソリューションを、実際の使い方とともに分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/16
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ252 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け