事例

株式会社フィールドワン

3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは

メーカー保守終了からシステム移行にかかるコストは膨大だ。そこで第三者による保守サービスを利用することで、引き続き現在のシステムを利用でき、大幅なコスト削減が期待できる。延命保守サービスを選ぶ秘訣とは何か、詳しく見ていこう。

要約

 メーカー保守が終了したシステムを移行させるには、コスト負担が大きくなってしまう。平均故障間隔が20〜30年の機器でも、メーカー保守は6〜7年の短期間で終了してしまうことも多く、その度にシステム移行を行っていては大幅な予算増となる。そこで既存のシステムを利用し続けたいというニーズに応える手段として、第三者による延命保守サービスは貴重な存在だ。

 すでにさまざまな業種でこうした延命保守サービスが利用されているため、導入済み企業の事例を知ることは、これからサービス導入を検討する企業にとって大いに参考となる。他社はどんな機器や課題を持ち、サービス導入によってどんな成果をあげたのかを知ることで、自社での検討がより具体的に進められるだろう。

 本コンテンツでは、実績ある延命保守サービスについて、3つの会社での導入実績を紹介。各社の状況や課題、サービス導入による成功のポイントが短時間で理解できる資料となっている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/09
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ511 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け