レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢

IT専門調査会社のIDCがコモディティアーキテクチャ以外の新たな選択肢である「IBM Power Systems」上でのSAP HANAを詳細に検討。実装によってすぐにメリットを享受できる4つのタイプのユーザー企業を特定。

要約

 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウェアの全てがこれらの要件を最適に満たせるわけではない。

 IT専門調査会社のIDCは、コモディティアーキテクチャ以外の新たな選択肢である「IBM Power Systems」上でのSAP HANAを詳細に検討し、搭載されるPOWER8プロセッサの強力な性能はデータ集約型ワークロードにおける強力な差別化要因であるとして、SAP HANA用インフラストラクチャの変更検討時はPower Systemsの評価を行うことを推奨している。

 本コンテンツで、SAP HANAおよびSAP S/4HANAをPower Systems上に実装することで速やかにメリットが享受できるとIDCが特定したユーザー企業のタイプ、Power Systemsの特徴とSAP HANAで利用可能なモデルなどを確認してほしい。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/09/01
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ506 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け