製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?

迅速な経営判断には、データを統合的・横断的に分析する必要があるが現実には複数のシステムにデータが分散し、限定的な分析しかできない企業が多い。解決策である仮想的にデータを統合するIT基盤はどう構築すれば良いのだろうか。

要約

 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。

 必要となるのは、あらゆるデータを統合的・横断的に可視化できるデータプラットフォームだが、一足飛びに実現できるものではない。そこで、第一段階として仮想的なデータ統合に取り組みたい。既存環境に大きな変更を加える必要がないため着手しやすく、データ分析のリアルタイム化と高い投資対効果の両立が期待できるからだ。

 そして、仮想的に統合したデータを用いたリアルタイム分析が可能な製品などでパフォーマンスを最大化するためには、ITインフラの選択が重要になってくる。本コンテンツでは、このようなIT基盤を構築するため、最初に取り組むべきことを解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/09/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ3.09 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け