事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

旭化成がSAP HANA基盤を刷新、処理量増大にも柔軟に対応できるわけ

早くからデータ活用に取り組んできた旭化成。同社は、データ増加に対応するため随時チューニングによってパフォーマンスを維持してきたがそれも限界となった。そこで選んだのが、処理量の増大や急なニーズにも柔軟に対応できる情報基盤だ。

要約

 早くからデータ活用に取り組んできた旭化成は、2011年に「SAP HANA」を導入し、リアルタイムのERPデータを分析レポートに利用していた。しかし、処理スピードの圧倒的な速さから、想定以上にレポートが作られるようになり、データ量が急増。システムパフォーマンスの維持が次第に困難になっていった。

 その対策として、古いデータをオンメモリの対象外にするなどチューニングによる対応を行っていたが、それも限界となっていた。そこで、システムへのメモリ追加を検討したが、ITベンダーからは「これ以上増やせない」という回答だった。

 本番機にメモリを増設できないという問題に直面した同社は、どのような解決策を選んだのだろうか。本コンテンツでは、稼働環境を抜本的に刷新し、バッチ処理時間を8分の1まで短縮した同社の事例を基に、処理量の増大や急なニーズにも柔軟に対応できる情報分析基盤の構築法を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/08
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ735 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け