技術文書

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社

償却期限間近の企業システムを迅速・低コストに移行する方法とは?

業務アプリケーションやインフラのクラウド移行が進む中、数々のMicrosoft製品を中心とした企業システムのデプロイに対応した「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)の利用が進んでいる。実行環境として多くの企業がAWSを選ぶ理由を具体的に解説する。

要約

 業務アプリケーションを含めたインフラ全体をクラウドに移行する企業は、年々増えてきている。その狙いとしては、サポートが終了したOSやレガシーソフトウェアを維持するための時間やコストを削減し、パフォーマンスと信頼性の課題を回避することなどが挙げられる。

 中でも「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)は、「Windows Server」「SQL Server」「Active Directory」「SharePoint Server」などといった多くのMicrosoftアプリケーションのデプロイに対応。これにより得られる、DevOpsやモビリティへの取り組みの強化、新製品導入に必要な拡張性の確保といったメリットが大きく注目されている。

 本コンテンツでは、企業アプリケーション/基幹業務(LOB)アプリケーション/データベースアプリケーションをAWSへ移行することで得られる効果を分かりやすく解説。さらに「Visual Studio」をはじめとするMicrosoft製開発ツールをAWSプラットフォーム上で利用することのメリットなどについても紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/07
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間21ページ
ファイルサイズ929 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け