製品資料

アドビ システムズ 株式会社

営業活動ですぐ役立つ、アドビ社員が教える「Acrobat DC」の便利機能

資料の共有に欠かせないPDFデータだが、実はあまり活用されていない機能も存在する。見積書などの文書を確実に顧客にチェックしてもらうなど、特に営業活動において効果を発揮する「Acrobat DC」の便利な機能を紹介する。

要約

 社内外での情報共有ツールとして定番となっているPDF文書だが、その機能を余すことなく活用できている企業は少ない。そこで、ビジネスシーンでの利用も多い「Acrobat DC」が持つ便利な機能を紹介しよう。

 その1つが「送信とトラック」機能だ。この機能により、Adobeのクラウドストレージサービスである「Document Cloud」に保存したPDF文書のリンクを発行し、追跡可能な個人向けリンクを設定できる。つまり、相手のメールサーバに負荷をかけずにデータを送ったり、見積書などを顧客が開いてくれたのかを確認したりできるのだ。

 この他にも、Acrobat DCは、PDF文書に別のファイルを添付できる「電子封筒」機能や、顧客などが送ってきたPDF文書を別のファイル形式に置き換えて再利用する「書き出し」機能などを備えている。本資料では、ビジネスを効率化する数々の機能と、その活用方法を詳しく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 現在自社で利用している文書管理アプリケーションについて教えてください。(必須)

Q5. 文書(設計書・指示書・稟議書・契約書など各書類)の取り扱いにおける課題があればお聞かせください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「アドビ システムズ 株式会社」に収集される
  • 「アドビ システムズ 株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「アドビ システムズ 株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/08/07
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ360 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け