製品資料

パロアルトネットワークス株式会社

金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?

サイバー犯罪者の主要な標的として狙われる金融機関。高度な攻撃や未知の脅威に対応し続けるには、安全性に加えて、脅威を一元管理し、運用の効率化も実現しなければならない。そのためには、どんなセキュリティ体制を構築すべきだろうか。

要約

 金融機関は、サイバー犯罪者から主要な標的として狙われ続けている。もちろん金融業界の多くの機関がセキュリティに積極的に投資しているが、新たな脅威が登場するたび対症療法的に製品を導入したことでセキュリティ体制が複雑化し、管理・運用の足かせとなっているケースも見られる。

 求められるのは、セキュリティインフラの複雑さを排除するとともに、高度化するサイバー攻撃や未知の脅威に対応できる統合的なセキュリティ体制の構築だ。そのためにはサンドボックスや、脅威インテリジェンスが即座に反映される次世代ファイアウォールなど、セキュリティ体制を一元管理できる製品が求められる。

 この他にも、データセンターの仮想化に取り組むなら、サーバ間通信の保護も考慮する必要がある。本コンテンツでは、金融機関におけるセキュリティ課題を網羅的に解説し、確実かつ効率的なセキュリティ環境を実現する方法を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/07
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ574 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け