製品資料

ブレイヴコンピュータ株式会社

ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は?

どの企業にとっても悩ましい課題であるハードウェアの保守期限切れ。その前に新環境に移行したいところだが、コストや運用の問題から、即座の移行が難しいこともある。リプレースせずに、この課題を解決する方法はあるのだろうか?

要約

 サーバやストレージ、ネットワーク機器などハードウェアのサポート期限切れは、どの企業にとっても悩ましい課題だ。リプレースの費用はもちろん、安定稼働しているシステムに予期せぬエラーが起こるリスクなどについても考えなければならない。

 しかも、現実には「現行システムが安定しており、機器をリプレースしたくない」「自社の条件に合った移行先が見つからない」「リプレースまでにシステム更改が間に合わない」といった理由で、移行が滞るケースも珍しくない。

 そこで、こうした状況をカバーするため、サポートが終了したハードウェアへの保守対応を行うサービスが登場している。24時間365日の保守やマルチベンダー対応の保守パーツ提供、ネットワークを通じた障害監視など、サービス内容も充実している。その内容を詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.18 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け