事例

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

ANAの大規模IT再構築“働き方改革”プロジェクトを追って分かった効果

規制緩和を背景に競争力を強化するため、大規模なIT環境の再構築に取り組んだ全日本空輸(ANA)。同社が考える“働き方改革”とはどのようなものか、プロジェクトの全貌を追うことで分かったさまざまな情報を紹介する。

要約

 規制緩和によって競争が激しくなった航空業界において、全日本空輸(ANA)が目指したものは「世界のリーディングエアライングループ」だった。その取り組みの一環として、オフィスで働く間接部門の働き方改革を本格化させた。

 社員が場所や時間に縛られず、創造的に働ける環境を構築する製品の検討を開始。ワイヤレス接続やクラウドサービス利用、スマートフォンやタブレット採用などの要件を満たすものとして、採用実績も豊富なDaaS(Desktop as a Service)を選定した。

 本ホワイトペーパーは、同社の働き方改革を追ったものだ。取り組みの本格化が始まった2011年から、選定を終えて導入が始まった2013年、そして日本とアジアを中心に3000アカウントが稼働する2014年を経て、グループ企業1万1000アカウントに展開が広がる現在に至るまで、プロジェクトの詳細を知ることができる。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/04
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ766 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け