製品資料

日本電気株式会社

実用段階に入った「AI」、実際にどんな業務に活用できるのか?

AI技術の中でも目覚ましい進化を遂げている「ディープラーニング」。これまでは、大規模なシステムや専門家の判断が必要だったが、AIに詳しくない情報部門や業務部門でも扱えるまでに実用化が進んできた。

要約

 AI市場の成長が著しい。中でも注目すべきは、人間に近い学習能力をもたらすディープラーニングの進化だ。従来のAIでは、効率的に学習させるには専門家が特徴を抽出する必要があったが、ディープラーニングではスキルが必要な作業を機械自身が代行できるようになり、大幅に効率化された。

 この高度なディープラーニングは、既に国内企業で活用され始めている。例えば、画像解析を行えば、野菜の成熟度を自動判断したり、工場で製品の不良品を検知したりすることができる。さらに、エントリーシートや企業情報などを学習させることで、求職者に適した企業の紹介や人材配置も支援できるという。

 この他にも、時系列の数値データを基に機器の故障を予兆検知するなど、活用分野は拡大し続けている。こうした活用を後押ししているのが、システムを軽量に抑え、AIに詳しくない業務部門でも扱えるというディープラーニング製品だ。本資料では、ディープラーニングの基礎から、最新のディープラーニング製品の機能までを網羅的に解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、 「日本電気株式会社」「NECソリューションイノベータ株式会社」「NECネクサソリューションズ株式会社」「NECプラットフォームズ株式会社」 に収集される
  • 「日本電気株式会社」「NECソリューションイノベータ株式会社」「NECネクサソリューションズ株式会社」「NECプラットフォームズ株式会社」 からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は 「日本電気株式会社」 「NECソリューションイノベータ株式会社」 「NECネクサソリューションズ株式会社」 「NECプラットフォームズ株式会社」 のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/28
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間41ページ
ファイルサイズ6.20 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け