製品資料

株式会社フィールドワン

保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化

ハードウェアは一般的にメーカーの純正サポートが終了してしまえば、半ば強制的な買い替えが必要になってしまう。このような不本意なタイミングでのリプレースに不満を感じる企業にとって有効な選択肢の1つとなるのが、「延命保守」サービスだ。

要約

 IT機器は一般的に、メーカーサポートの終了(EOSL:End of Service Life)に伴い、数年のサイクルで更新が余儀なくされてしまう。しかし、リプレースにはハードウェアの本体費用だけでなく、移行に伴うさまざまなコストや作業負担が掛かってしまい、デメリットも多い。

 特に、製造業などでは、専用のアプリケーションを動かすだけのコンピュータであれば、そもそも頻繁な設備更新は必要がない場合も多い。必ずしも常に最新の機種を配備することが企業にとって望ましいとは限らないのである。

 まだ十分に使える機器であれば、しばらくそのまま使用し、自社の計画に沿ったIT投資のタイミングに合わせてリプレースしていきたい企業もあるはずだ。しかし、メーカーのEOSLのライフサイクルによってそうした投資計画が左右してしまうのも悩みだ。

 本ホワイトペーパーでは、こうした「不本意なリプレース」の課題を解決するユニークな延命保守サービスを紹介している。このサービスは、メーカーのサポートが終了した製品の延命だけでなく、通常の保守におけるコスト削減などにも活用できるという。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。(必須)
Q2. このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。(必須)
Q3. このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。(必須)
Q4. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/08/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ535 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け