製品資料

SAPジャパン株式会社

大企業と同等の機能を実現、中堅・中小企業が選びたいクラウドERPは?

ERPは企業の経営効率化に非常に有用だが、従来はコストや運用負荷の高さから、大企業向けのシステムと考えられてきた。しかし、現在では、中堅・中小企業もクラウドERPで全ての業務を一元管理できるという。

要約

 あらゆる業務領域の情報を一元管理し、可視化するERPは、経営の効率化に非常に有効な武器となり、企業の強力な経営基盤となる。しかし、従来のERPは、特に中堅企業や中小企業にとって導入のハードルが高かった。

 例えば、ビジネスプロセスの再設計は、それが必要だと分かっていても、少人数による事業運営と並行して検討するのは容易でない。また、システム導入に要するコストや時間も事業に無視できない影響を及ぼす。加えて、中堅企業や中小企業では、多額の初期投資と長期間にわたる導入プロジェクトに十分なリソースを充てることは困難な上、ビジネスの成長を見越した追加投資を想定しておく必要もある。そもそも限られたIT要員による基幹システムの運用と管理は現実的ではない。

 本コンテンツで解説しているクラウドERPは、上記のような従来のERP導入に伴う課題をクリアし、中堅企業や中小企業のニーズに最適な機能を網羅している。ERPの導入を検討している企業にとって有益な資料となるだろう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ667 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模中堅・中小企業