事例

SAPジャパン株式会社

ERPをわずか3カ月で導入して少人数で運用、外資系アパレル企業が成功した秘訣は?

わずか3カ月というスピードで、ERPを活用した基幹システムを構築した企業がある。米国発のワークカジュアルブランド「ディッキーズ」の日本法人だ。少人数での運用体制を早期に確立した秘訣とその効果を探った。

要約

 米国発のワークカジュアルブランド「ディッキーズ」の日本法人として2011年に設立されたウィリアムソン・ディッキー・ジャパン。その事業開始に向け、基幹システムを早急に構築する必要のあった同社が採用したのが、クラウドERPだった。

 世界110カ国で展開するグローバル企業だけに、業務品質と内部統制の両面でグローバル水準を満たす必要がある。同社にとって、短期間で立ち上げられること、少人数のスタッフで運用できることに加え、海外拠点とのコミュニケーションをサポートできるシステム基盤を整えておくことも必須条件だった。

 日本法人の設立から約6年で、ビジネス規模は約2倍に成長。その一方で、スタッフ数に大きな変化はなく、人件費をはじめとする固定費を大幅に抑えられているという。このような成果を出した同社の事例から、中堅・中小企業がERP導入で成功するための手掛かりを探る。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/21
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ444 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模中堅・中小企業