事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方

京セラドキュメントソリューションズでは、グローバルの各拠点で異なるシステム間の連携やシステム開発に伴うメンテナンス工数の増加などが事業成長の低速化にもつながっていた。その解決策としてESB(Enterprise Service Bus)製品の導入を決断した。

要約

 京セラドキュメントソリューションズは、海外の売り上げが全社の約9割を占めている。今までは拠点ごとに最適化されたシステムを使用していたが、システム連携のために個別のインタフェースを開発して対応してきた。しかし、複雑化するシステムによってデータ連携のインタフェース開発時間が増加。経営戦略の実現に時間がかかるという課題も抱えていた。

 そこで、今まで通り個別のインタフェース開発で対応するのではなく、エンタープライズサービスバス(ESB)製品の導入に踏み切った。導入後も種類の異なる大量のデータを受け渡しても安定した稼働を保っているという。

 また、M&Aやパートナー企業の増加などにより連携するシステムが増えても短い期間で対応できるようになったので、ビジネス実行の早期実現化にもつながった。本ホワイトペーパーでは、EBS製品導入による同社のIoTサービス拡大の早期実現化などを詳しく紹介する。事業成長を加速させたい企業には参考になる内容だ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/20
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ2.71 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け