製品資料

株式会社インターコム

EDI導入で取引のリードタイムを短縮、管理の効率化とコスト削減のポイントは?

EDI(電子商取引)を導入すると、受発注などの取引処理を自動化でき、業務を大幅に軽減できる。また、人為的ミスも減るなど、他のメリットもEDIには多いという。EDIの導入には、何が必要なのか詳しく紹介する。

要約

 受発注取引の効率化やコスト削減などを目的として導入されているEDI(電子商取引)。例えば、取引先から発注データを受信して各種データ変換を行い、自社の基幹システムまで自動的に取り込めるため、取引業務のスピード化や効率化には欠かせない。

 また、受注側は、受信したデータを納品書や請求書、出荷などに利用でき、これらの業務を効率化できるというメリットがある。近年は、インターネットEDIや固定電話網を利用するレガシーEDI、FAXなどに全て対応したEDIシステムを構築可能で、ERPなどとも連携可能な製品も登場している。

 このような最新のEDIパッケージは、インターネットをインフラとする流通BMSに加え、JCA手順、全銀手順、全銀TCP/IPなど従来型の通信手順にも対応。INSネット ディジタル通信モードのサービス終了を見据え、インターネットEDIとレガシーEDIの併用システムを構築したいケースにも有効となる。本コンテンツでは、EDIのメリットと導入方法を分かりやすく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/13
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間30ページ
ファイルサイズ1.17 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け