製品資料

株式会社ミロク情報サービス

「経理部門」視点で業務を効率化、ワークフロー統合型ERPの実力は?

ERP選びにおいて重要となるのが経理部門の視点だ。会計・財務業務の負担を軽減できる機能があれば、経理部門だけでなく経営層や営業部門がシステムから得られるメリットも大きくなる。その効果を詳しく見ていこう。

要約

 ERPを導入していても、会計や財務業務の負担に悩む経理部門は珍しくない。そんな現場によく見られるのが、ERPとワークフローシステムが連動していないために、データの反映に手間がかかってしまうケースだ。この他にも、データ分析に対応しておらず、会議のたびに報告書を人力で作成しなければならない、といった課題も散見される。

 こうした課題を解消するには、関連システムの機能を兼ね備えた一体型のERP製品が有効だ。例えばワークフローシステム一体型であれば、未承認データも含めて集計ができ、いつでも精緻な損益予測が可能になる。加えて、データを人力で関連システムにインポートする必要がなくなるため、ヒューマンエラーの排除にもなる。

 さらに、ニーズに応じた報告書を作成するなら、柔軟な表計算機能やBI機能を備えているといい。経理部門の負担軽減だけでなく、迅速な営業活動や経営判断をサポートする意味でも不可欠な機能といえる。こうした多機能なERP製品について、詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社ミロク情報サービス」に収集される
  • 「株式会社ミロク情報サービス」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社ミロク情報サービス」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/13
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ2.69 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け