事例

株式会社サンブリッジ

イベントで獲得した名刺を次のマーケティング施策に活用する名刺管理サービス

ITによる業務のデジタル化が進んでも、「名刺交換」のようなアプローチは依然として重要となる。そこで得られた情報を迅速かつ効率的にマーケティング活動に利用するためには、どのような方法で名刺情報をSFA/CRMシステムに取り込めばよいのだろうか。

要約

 顧客の購買プロセスの変化に伴い、企業の営業活動においてもWebサイトをはじめとするデジタル施策の比重はより高まっている。一方、顧客との接点を作る一歩目としては、「名刺」というアナログな手法も根強く使われ続けている。こうしたデジタルとアナログをうまく融合できなければ、せっかくシステムを導入しても宝の持ち腐れとなってしまう。

 デジタルマーケティング支援サービスを展開するフィードフォースではSFAやCRMとの連携に優れた名刺管理サービスを導入した。

 その結果、イベントなどで受け取った数百枚の名刺の情報を登録する作業が格段に効率化され、シームレスにCRMへと連携できるようになったという。本コンテンツでは、同社の事例から、交換した名刺を素早くSFA/CRMシステムに取り込み、効率的なマーケティング活動を行う方法を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社サンブリッジ」に収集される
  • 「株式会社サンブリッジ」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社サンブリッジ」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/13
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ2.04 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け