事例

株式会社サンブリッジ

役員の名刺情報をビジネスに活用するには? ブロードリンクに学ぶ名刺管理術

情報機器のリユースビジネスを手掛けるブロードリンクでは、仕入先企業に対するタイムリーなコミュニケーションによりビジネスチャンスを生み出している。そのために、同社はどんなツールを活用しているのだろうか。

要約

 上場企業、環境庁、病院、学校など累計5000社以上との取引を行っているリユースビジネスの大手、ブロードリンク。同社では、顧客である大手企業や官公庁が定期的に行う情報機器の入れ替えのタイミングに合わせて、不要となった機器の引き取りを提案することで、既存顧客との継続取引の比率を高めている。

 そこで、同社が抜け漏れのない顧客情報管理を実現するために採用したのが、SFAと連携して利用できる名刺管理サービスだ。適切なタイミングで、顧客に失礼のない対応を取ることを目指している。

 同社は役員の名刺管理に課題があったが、このサービスによりプライベートな情報に対する閲覧制限を設けることで、管理の手間が軽減されたという。同社がこの名刺管理サービスとSFAとの連携をいかにビジネスに活用しているかを詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社サンブリッジ」に収集される
  • 「株式会社サンブリッジ」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社サンブリッジ」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/13
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.84 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け