事例

株式会社サンブリッジ

大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術

組織・人材開発を手掛ける企業であるビジネスコンサルタントは、SFAと名刺情報管理ツールを導入し、統合的なシステムを構築することで、自社の課題を解決したという。同社が選んだ名刺管理の手法とはどのようなものだろうか。

要約

 コンサルティングのような業務は、個人のポケットノウハウばかりが増えがちで、社内でのノウハウの共有が進みにくい。また、人的限界によって全国全てをカバーできないことも大きな課題となる。そのため、ノウハウを共有したり、顧客との新たな接点を増やしたりするための工夫が求められる。

 組織・人材開発を手掛ける企業であるビジネスコンサルタントが、この課題の解決策として注目したのが名刺管理ツールだ。同社は、導入済みのSFAに対して名刺管理ツールを組み合わせることで、顧客管理情報や営業ノウハウなどの一元管理を実現した。特に名刺管理ツールには、データ化の速度とSFAとの親和性を重視した選択を行ったという。

 これにより、セミナー参加者の情報を迅速にデータ化して、フォローすることも可能となる。本コンテンツでは、同社の導入事例から名刺情報を営業やマーケティングに活用するためのポイントを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社サンブリッジ」に収集される
  • 「株式会社サンブリッジ」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社サンブリッジ」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/13
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.68 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け