製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE

企業のIT管理者の多くが苦慮するのが、サーバの導入や買い替えの際のトータルコストの削減だ。ここでは、TCO削減の観点で選ばれているハイエンドLinuxサーバ「IBM LinuxONE」における技術的理由を聞く。

要約

 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。

 メインフレームのメリットは、堅牢性や安全性、高い処理能力にある。そして、50年にわたり培われたマイクロコードによる仮想化技術が実現するCPUワークロードの最適化と、物理分割と同等の仮想化環境におけるセキュアで高速なネットワークトラフィックは大きな差別化要因だ。また、x86サーバのライフサイクルが3年といわれるなか、10年以上利用できるところもトータルコストの観点で大きなメリットとなる。そして、オープンシステムのメリットは、オープンソースソフトウェアを幅広く活用できる点だ。

 メインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つIBM LinuxONEを採用することで、どのようにしてTCOが削減できるのか? スペシャリストに技術的理由を聞いてみた。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/07/07
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ493 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け