事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

iPhoneで社内システムを安全利用、三井物産エレクトロニクスに学ぶモバイル管理

三井物産エレクトロニクスでは、多様な産業分野に事業を展開するため営業担当者や管理職がiPhoneやiPadを積極的に活用している。そのモバイル環境を支えているのが、細かなポリシーを策定できる管理ツールだという。

要約

 IoTや産業用組み込みPCなどの事業を展開する三井物産エレクトロニクス。同社は、営業担当者や管理職に「iPhone」と「iPad」を支給し、社外からでもメールやグループウェア、ファイルサーバにアクセスできるようにしている。

 そのアクセスを安全に行うために、同社が利用しているのが「IBM MaaS360」だ。導入に際しては、通信事業者のMDM(モバイルデバイス管理)サービスよりも高度な機能を持つ製品を慎重に検討。限られたセキュリティ予算の中でも適切といえる、規模とコストのバランスの取れた製品を選定した。

 IBM MaaS360は、セキュリティポリシーを詳細に設定できるため、iPhoneやiPadからどんな時もデータを外部に漏えいさせず、グループウェアやファイルサーバへ安全にアクセスできる。同社は、このようなモバイル環境をどのように構築したのか、さらに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/07/05
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ720 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け