レポート

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

コンポーザブル・インフラで「Infrastructure as Code」を実現するには?

DevOpsを実践するためのオンプレミスハードウェアを探しているITプロフェッショナルは、「コンポーザブル・インフラストラクチャ」を検討するとよさそうだ。

要約

 「コンポーザブル・インフラストラクチャ」という言葉は2015年頃から広まりつつあるが、これがなぜ自社のデータセンターに必要かを理解しているITプロフェッショナルはまだ多くない。

 ただし、DevOpsの実践に注力している一部のIT管理者にとっては、コンポーザブル・インフラストラクチャの存在感が増しているようだ。DevOps戦略の一環として、オンプレミスハードウェアが「Infrastructure as Code」(コードによるインフラ構成管理)の実践に役立つ可能性があると、期待が集まっているのだ。

 本稿では、コンポーザブル・インフラストラクチャがDevOpsにどう役立つか、普及の課題や市場動向について解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 閲覧に際し、以下の「個人情報の第三者提供について」をご確認ください(必須)

個人情報の第三者提供について

本コンテンツは、以下の事項に同意いただくことが閲覧の条件になっております。

  • お客様の個人情報は、情報提供元である「伊藤忠テクノソリューションズ株式会社」「日本ヒューレット・パッカード株式会社」に収集される
  • 「伊藤忠テクノソリューションズ株式会社」「日本ヒューレット・パッカード株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

このページにご記入いただく情報は、Q5の同意欄をチェックしていただくことにより、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社および日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、両社という。)に、アイティメディア株式会社がとりまとめて提供させていただきます。
なお、両社への提供にご同意いただけた方のみ、資料のダウンロードが可能となっております。
両社に提供した情報は、両社が両社の個人情報保護方針に従い、必要な安全管理措置を行い、両社からのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査に利用いたします。


※両社に既に情報をご提供されている場合、今回の情報を最新の情報としてデータを上書きさせていただきます。

※両社及び両社が管理する委託会社以外へ無断で開示、提供する事はございません。

※伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の個人情報保護方針については下記サイトをご確認ください。
 http://www.ctc-g.co.jp/utility/security_policy.html

※日本ヒューレット・パッカード株式会社の個人情報保護方針については下記サイトをご確認ください。
 https://www.hpe.com/jp/ja/privacy/privacy-supplement.html


コンテンツ情報

公開日2017/07/05
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ231 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け