製品資料

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

ネットワーク仮想化で耐障害性を強化、データセンター向けVXLANゲートウェイ

ネットワーク仮想化におけるメリットは拡張性や運用効率の向上など多数あるが、セキュリティや実現時間の問題など課題は多い。サーバの規模など、組織の環境に応じて最適な仮想化を実現するにはどうすればよいだろうか?

要約

 ビジネスの柔軟性や俊敏性を向上させるため、多くの企業が次世代型データセンターへの移行に取り組んでいる。その有力な方法の1つがネットワーク仮想化だ。中でも、統合型VXLANゲートウェイによる仮想化は、セキュリティを停止させることなく迅速に実装できるため、大きく注目されている。

 統合型VXLANゲートウェイは、仮想インフラストラクチャと物理インフラストラクチャの柔軟な統合が可能で、既存のネットワークからシームレスに移行できる。さらに、可用性と耐障害性にも優れているため、安定して運用できる。

 また、数千台クラスのサーバ規模にも対応し、複雑なネットワークでも容易に管理できるというメリットもある。本ホワイトペーパーでは、組織の条件に柔軟に対応できる統合型VXLANゲートウェイによる仮想化プラットフォームを紹介する。ネットワーク仮想化を迅速かつ確実に実現したい担当者は必見だ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/07/05
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ361 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け