事例

株式会社ジャストシステム

「営業部員が主体的に動き出した」 むさし証券に学ぶデータ分析の全社活用

全国で地域密着型の事業を展開するむさし証券では、基幹システムのデータを使った経営分析に課題を抱えていた。そこで、アイデアを直観的に反映できるデータ分析ツールを導入したところ、経営企画部門だけでなく営業部門にまで大きな変化が現れたという。

要約

 埼玉県を中心に全国で地域密着型の事業を展開するむさし証券。同社では、基幹システムのデータに基づく経営分析を行っているが、以前はそのデータの取り込みにExcelを利用していた。その結果、経営数値の推移を1つ見るだけでも、多くの手間と時間がかかっていた。

 そのため、効率的にデータを分析できるツールの導入が検討されたが、中期計画の関係上、3カ月以内の正式稼働が条件とされた。この限られた時間の中でも、独自システムを外注するという選択肢は考えなかったという。同社にとって、「自分たちで自由に切り口を考えながらデータを集めて分析できること」が最優先事項だったからだ。

 この判断が後に同社も想定していなかった効果を生んだ。新たなツールは想像以上に使い勝手が良く、従来とは異なる新しい視点からの分析もできる。そこで経営企画部門だけでなく営業部門まで利用を拡大したところ、問題点が次々と見えるようになったのだ。本コンテンツでは、同社の事例からデータ分析ツールを全社的に活用する方法を探る。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社ジャストシステム」に収集される
  • 「株式会社ジャストシステム」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社ジャストシステム」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/04
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1020 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け