製品資料

株式会社ジャストシステム

ファイルサーバ「肥大化対策」の秘訣、増設/移行でコストを無駄にしない管理法

ファイルサーバは、誰でも手軽に扱えるため、ユーザー部門の無計画な利用による肥大化が進みやすい。このような理由から容量不足に陥っている場合は、増設やリプレースよりも前に不要ファイルの整理から取り組みたい。

要約

 社内で手軽に情報を共有できるツールとして、多くの企業で利用されているファイルサーバ。誰でも簡単に使える点は便利だが、その分、ユーザー部門の無計画な利用によるデータの肥大化が進みやすい。その結果、容量がすぐに足りなくなり、増設を繰り返すことになる。

 また、従業員の異動や退職などが行われるたびに不要ファイルが増え続け、整理不能な状態に陥っている企業も少なくない。これらの問題は、サーバの維持・管理コストを増大させるだけでなく、サーバをリプレースする際にも、高い導入コストとなって跳ね返ってくる。

 そのため、増設やリプレースを検討する場合には、まず不要ファイルの整理から始めることが重要となる。それでは、不要ファイルの把握すら困難となった状態からでも、効率よくスリム化する方法はあるのだろうか。本コンテンツでは、ファイルサーバの肥大化対策として最適な統合管理の方法を紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社ジャストシステム」に収集される
  • 「株式会社ジャストシステム」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社ジャストシステム」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ2.00 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け