製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

「SDS」を宝の持ち腐れにしない、今どきのストレージ運用管理法

ビッグデータや機械学習に対応し、自律性などを備えた次世代システムを構築するには、ストレージ基盤も見直す必要がある。予測不可能なスケールや多様なデータ対応など、複雑な要件に対する答えとして期待されているのが「SDS」だ。

要約

 ビッグデータの蓄積・分析や機械学習、高度な自律性などの機能を備えたコグニティブシステムが注目されている。得られたデータから洞察を引き出して新たな顧客体験を提供できれば、ユーザーの心を強くつかむことができる。

 この新たなシステムを導入する際には、ストレージ基盤も抜本的に見直さなければならない。なぜなら、データ容量のスケールは予測不能で、アイデア次第で収集するデータの種類も量もバラバラだからだ。同時に、経済的な保管・管理と迅速なレスポンスの両立や、24時間365日の稼働、堅牢なセキュリティなども求められることを忘れてはならない。

 このような要件を従来型のSANやNASといったストレージ基盤で実現しようとすると膨大なコストや労力がかかってしまう。そこで期待されるのが、ストレージやデータの統一管理・運用を実現しつつデータの経済性を追求するSDS(Software Defined Storage)だ。その機能や可能性について詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

e-メールを既にご希望いただいている方で、今後e-メールでの情報提供の中止をご希望の方は こちら で承ります。


コンテンツ情報

公開日2017/07/03
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ338 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け