製品資料

マカフィー株式会社

多層防御を徹底解説:次世代マルウェアに備えるための次なる対策とは?

サイバー攻撃にはさまざまな手法があり、攻撃者は常にその手口を複雑に進化させている。このように高度化を続ける脅威から、企業はどのように情報資産を守ればよいのだろうか。

要約

 企業には顧客情報や製品の設計データなどさまざまな情報資産があり、それらはサーバやPCなどのエンドポイントに保管されている。サイバー攻撃者はこうしたエンドポイントにマルウェアを侵入させてし、そこから情報資産を盗んで販売したり、暗号化して使えないようにしたりした上で身代金を要求する。

 情報セキュリティ企業では最新のマルウェアを収集しては対策を講じているが、攻撃者たちはさらにそれをかいくぐる方法を次から次へと考案していく。そしていまや、サイバー攻撃の進化や多様化はとどまるところを知らず、その全てに対して万能な「特効薬」は存在しないとさえ言われている状況だ。

 本コンテンツでは、検知されることを回避しようとする高度な脅威も阻止できる方法として、複数のセキュリティ技術からなる製品を組み合わせ、1つのシステムとして機能させる「多層防御」のアプローチを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/30
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ451 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け