技術文書

ヴイエムウェア株式会社

コンバージドインフラ製品導入戦略ガイド

ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求められる。慎重に、リスクを理解した上で導入する必要がある。

要約

 ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求められる。慎重に、リスクを理解した上で導入する必要がある。

 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。

■ハイパーコンバージェンス:政治的、技術的革命
■データセンターエキスパートが時代に乗り遅れないようにすべきこと
■コンバージドインフラのメリットを引き出す

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 現在お持ちのESXサーバ台数を1つお選びください(必須)
Q2. 新規導入・追加もしくは保守切れ入替を予定している時期を1つお選びください。(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、 「ソフトバンク コマース&サービス株式会社」「ヴイエムウェア株式会社」「株式会社日立システムズ」 に収集される
  • 「ソフトバンク コマース&サービス株式会社」「ヴイエムウェア株式会社」「株式会社日立システムズ」 からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は 「ソフトバンク コマース&サービス株式会社」 「ヴイエムウェア株式会社」 「株式会社日立システムズ」 のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/06/23
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ2.78 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け