事例

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

オールフラッシュ導入事例:ハイブリッドクラウドの運用性はどこまで変わる?

ITシステムの根幹にあるストレージは、急速にオールフラッシュへと置き換わりつつある。町田市が仮想化環境のデータ圧縮率を6倍にし、バッチ処理時間を半減させた事例から、オールフラッシュ製品採用のメリットを紹介する。

要約

 町田市では、庁舎内に構築された「庁内クラウド」と、商用データーセンターの「庁外クラウド」によるハイブリッドクラウド環境の活用が進められてきた。仮想化技術により両クラウド間での柔軟なシステム移動とバックアップが可能な仕組みを取り入れ、業務継続と災害対策への対応も実現している。

 その計画のなかで、税・福祉・介護保険に関わる業務システムを庁内クラウドへと移行することになった。これは、専用サーバ60台、シンクライアント管理用サーバ12台にもなる大規模なものだが、当初は「既存ストレージへのディスク追加で十分」とも考えられていた。

 しかし、オールフラッシュストレージ製品の導入で得られるデータ削減と性能改善の効果が、投資対効果の面でメリットが高いことを知り、システムのオールフラッシュ化を決断した。その結果、データ圧縮率は約6倍となり、バッチ処理時間も半減したという。これだけの成果を挙げたオールフラッシュ製品とはどのようなものだろうか。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/19
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間3ページ
ファイルサイズ963 KB
対象業種製造
対象企業規模全企業規模向け