製品資料

ヴイエムウェア株式会社

あらゆるクラウドで最適な環境を実現、次世代アプリケーション基盤の実力は?

デジタル変革の取り組みでは、次世代アプリケーションが欠かせない。そこで、IT部門がプライベートクラウドとパブリッククラウドで共通の管理プロセスを用いて、従来型と次世代型のアプリケーションをサポートする方法を紹介する。

要約

 デジタル変革に向けた取り組みでは、クラウドネイティブアプリケーションや分散アプリケーションといった次世代型のアプリケーションが欠かせない。しかし、IT部門にとって、従来型とは異なる特性を備えた、次世代アプリケーションをサポートすることは容易ではない。

 従来のアプリケーションはスケールアップ型であるのに対して、データ分析などの次世代アプリケーションはスケールアウト型で、大規模なクラスタや迅速な展開モデルなどを必要とするからだ。また、次世代アプリケーションが、ITインフラに対してそれぞれ異なる要件を求めることも、サポートする上での大きな課題となっている。

 そこで脚光を浴びているのが、次世代アプリケーションがもたらす新しい課題に対応する統合プラットフォームだ。本コンテンツでは、IT部門がプライベートクラウドとパブリッククラウドで共通の管理プロセスを用いて、従来型と次世代型のアプリケーションをサポートする方法を分かりやすく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/14
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ180 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け