製品資料

ヴイエムウェア株式会社

あらゆる次世代アプリに対応、仮想化プラットフォームを進化させる4つの条件

デジタル変革が進むなか、従来の仮想化プラットフォームでは、ビジネス部門からの高い要求に応えられなくなりつつある。そこで、ITサービス、セキュリティ、運用管理などの課題を解消する次世代アプリケーション基盤が注目されている。

要約

 あらゆる業界でデジタル変革が進むなか、従来のビジネスクリティカルなアプリケーションに加えて、新たなアプリケーションやワークロードの導入が進んでいる。その結果、IT環境はより大規模になり、複雑さの度合いも増している。

 こうしてIT部門がサポートすべきアプリケーションの多様化が進む一方で、ビジネス部門は、以前にも増して迅速なアプリケーションの提供を求めるようになってきている。これに対して、従来の仮想化プラットフォームは、ITサービスの質、セキュリティ、運用管理などの面で要求に応えられていないのが現状だ。

 そこで求められはじめたのが、ITサービスや運用管理の簡素化と効率化を実現し、あらゆるアプリケーションをプライベートクラウドでもパブリッククラウドでも実行できる次世代型の仮想化プラットフォームだ。本コンテンツでは、このようなプラットフォームを実現する上で欠かせない4つの条件を解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/14
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ358 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け