レポート

KDDI株式会社

iPhoneの容量不足を解決するテクニック10選

iPhoneを使い続けていると、いつの間にか容量がいっぱいになってしまう。快適に使うには定期的なデータの整理が必要だ。iPhoneユーザーが知っておきたい、10の“データ断捨離術”を紹介しよう。

要約

 PC並みのストレージを持つようになったiPhoneだが、その分アプリや写真、動画のデータ量もどんどん大きくなっている。iOSをアップデートするときや、写真や動画を撮影しているときに、「ストレージの空き領域がありません」と表示されたことはないだろうか。

 肝心なときに容量が足りなくなってしまっては、せっかくのiPhoneでやりたいことができなくなってしまう。そんな事態に備えて、日頃から役立つiPhoneの容量拡張テクニック10選をお届けしよう。不要なデータを小まめに削除することが、iPhoneを快適に長く使うポイントだ。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/13
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ2.67 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け