事例

日本ヒューレット・パッカード株式会社

重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現

小松製作所がバックアップ環境を見直すに当たって、データの伝送量が課題になった。国内外に事業を展開する同社の基幹システムが扱うデータ量は膨大で、通常では日次バックアップも困難だった。同社はどう環境を改善したのか。

要約

 BCP対策で近年考慮すべきポイントとして浮上しているのが伝送データ量だ。IoTの活用などにより今までにないデータも増えており、基幹業務システムが日々生成するデータは膨大な量になる。小松製作所が取り組んだバックアップ環境の見直しでも、基幹システムのデータ量が課題となった。

 通常に保管するのでは、ミッションとして定めた24時間以内のRPO(目標復旧時点)に基づくデータ復旧体制を確立できない。そこで、同社が採用したのが、強力な重複排除機能を備えたバックアップ製品だった。伝送データ量を約15%まで圧縮できるため、RPOの目標達成だけでなく、基幹システム以外のデータを保管する余裕も確保できた。

 加えて、バックアップ作業の自動化にも取り組むことで、従来テープ保管していた業務負荷の軽減と、ヒューマンエラーのリスクを排除した確実なデータ保護を実現したという。同社が投資対効果の面からも高く評価する、バックアップ製品とその構成を詳しく見ていこう。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 閲覧に際し、以下の「個人情報の第三者提供について」をご確認ください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/09
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ774 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け