レポート

レッドハット株式会社

一気に学ぶLinuxコンテナ――仮想マシンとの違いと具体的なメリット

Linuxコンテナは特に新しい技術ではない。ところがDockerの登場やコンテナ技術の進化により、Linuxコンテナの持つ多大なメリットを生かそうと採用に踏み切る企業が増えてきている。

要約

 LinuxコンテナとDockerにより、アプリケーションの構築や提供、デプロイ、インスタンス化の方法が根本的に変わってしまった。コンテナは仮想マシンのように利用できるうえ、ずっとシンプルな構成であるコンテナは切り出してからすぐに使えるため、多くの企業で利用され始めている。

 ただしコンテナ技術にメリットがある事が分かっても、自社で採用すべきなのかの判断に十分な情報がなかったり、採用後に何から手を付けるべきかの見通しがない状態では、コンテナの採用についての話は進まないままだ。単なるアプリケーション開発だけではなく、セキュリティや運用管理などの観点も必要だ。

 Linuxコンテナについて関心のあるIT部門の担当者向けに、本コンテンツではLinuxコンテナのもたらす具体的なメリットや仮想マシンとの違いについて一気に解説。またLinuxコンテナのユースケースを一覧表や、数々のベンダーによるLinuxコンテナのサポートまでまとめられており、Linuxコンテナ採用に向けた実践的な内容を学ぶことができる。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/08
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ457 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け