製品資料

株式会社シマンテック

電子メール経由の攻撃手法を解説──なぜサンドボックスをすり抜けるのか

ファイル添付、スピアフィッシング攻撃、サンドボックス識別など、電子メールによる攻撃は高度化が進むとともに、標的型が増加している。その手口と防御策を徹底解説する。

要約

 電子メールは依然として企業に侵入するための効果的なメカニズムであり、標的型攻撃や高度な脅威で頻繁に悪用されている。従来の電子メールセキュリティソリューションはスピアフィッシング攻撃などの脅威の阻止を目的としていたが、標的型攻撃や高度な攻撃を検出して対応できるほどの十分な可視性とインテリジェンスは備えていなかった。

 本コンテンツでは最新の電子メール経由の攻撃の手口とともに、これまでのセキュリティソリューションでは対策が追い付かない理由、そして今すべき対策を解説する。攻撃者はどうやってサンドボックスを識別するのか? 悪質なリンクをクリックしてしまった際の防御方法はあるのか? エンドポイント、ネットワーク、Web、電子メールの脅威状況を網羅的に監視し、企業に侵入した悪質な電子メール全てに対応する方法を紹介しよう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社シマンテック」に収集される
  • 「株式会社シマンテック」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社シマンテック」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/06/07
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ541 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け