レポート

Veeam Software Japan 株式会社

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?

近年、データセンターに対して、仮想化やバックアップ/レプリケーションなどの投資が積極的に行われている。それにもかかわらず、システムの可用性は年々下がっているという。企業調査の結果から、その原因や解決方法を探る。

要約

 いつでもどこでも接続できる常時稼働のビジネス環境をユーザーに提供するため、システム管理者は、日々、アックアップ/レプリケーションの管理に取り組んでいる。しかし、仮想化が進んだ現在のシステムで、その理想を実現することはなかなか難しいようだ。

 企業調査によれば、2015年に起きたシステムの計画外ダウンタイムは、2014年に比べて年間発生件数が13件から15件に、1回あたりの停止時間が平均1.4時間から1.9時間へと悪化しているという。同時期に、企業の68%は理想と現実のギャップを埋めるため、データセンターへの投資を行っているが、結果は厳しいものとなった。

 その損害は大きく、計画外ダウンタイムによるコストは平均1000万ドルから1600万ドルまで膨らむ見込みだという。こうした事態を改善し、可用性の理想と現実というギャップを埋めるにはどうすればいいのか。調査結果を基に、その原因や課題解決の道筋を探った。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/05
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間17ページ
ファイルサイズ4.29 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け