事例

インテル株式会社

世界有数の金融機関が目指した、一元的なビッグデータ分析環境とは?

スイスに本拠を置く金融機関UBS AGは、さらなる競争力獲得のため高度なビッグデータ分析環境の構築に取り組んだ。成功の鍵となったのが、Software-Defined Storage(SDS)との組み合わせだったという。

要約

 世界有数の金融機関UBS AGは、競争力の源泉として分析ツールを活用している。分析のさらなる高度化を目指して、同社が取り組んだのが、ストレージ環境とビジネスインテリジェンス環境の集約だった。単一の共有環境が確立されたことで、組織全体でのデータ活用の可能性が広がり、業界への規制にも柔軟に対応できるようになったという。

 この新基盤を支えたのが「Software-Defined Storage(SDS)」だった。このテクノロジーを活用すれば、柔軟性や拡張性の向上に加え、ビッグデータ分析導入の妨げとなってきた従来のストレージとビッグデータワークロード間に起こる非効率なデータのやりとりや、関連して高まるIT部門への負担という課題を解消できる。

 こうしたSDSを活用した環境を構築するには、加えてHadoopの最適化やリソースの共有などを実現する必要がある。UBS AGの事例とともに、より高度なビッグデータ分析を実現するための技術や特徴、最適なストレージを紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/06/05
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ468 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け