事例

インフォテック株式会社

請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果

メインフレーム系のシステム基盤はいまも多くの企業で利用されているが、帳票業務については、印刷時に専用機材が必要となることなどが制約となる。そこで、教育図書出版社の事例から、帳票出力業務のみをオープン化する方法を探る。

要約

 帳票にまつわる課題は企業によって多種多様だ。なかにはメインフレーム系システム基盤を用いているため、帳票出力業務に多くの労力と時間がかかり、専用プリンタや専用用紙の管理コストが負担となっているケースもある。

 例えば、「IBM i(AS/400)」などは、長年にわたる情報の蓄積、そして堅実な運用実績から、いまも多くの企業で使われているが、帳票の出力には基本的に高価なエミュレーター付き専用プリンタが必要だ。また帳票デザインの変更さえもユーザー企業側で行うことは難しく、かといって外部に委託すれば、そのたびに費用が発生し、時間もかかってしまう。

 そこで期待されるのが、システム環境を選ばない、かつコストパフォーマンスに優れる帳票ソリューションだ。教育図書教材の出版社である学書では、このソリューションを活用して、専用プリンタからオープンプリンタに移行することで、請求業務に要する時間を2日間から数時間まで短縮したという。本コンテンツでは同社の事例に加え、さらに3社の事例とともに、帳票関連業務の改善策を詳しく紹介する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/05/24
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ2.91 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け