製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?

FinTechのように最新のWeb技術やAPIを活用したサービス開発が、金融機関の基幹業務システムでも行われ始めている。その実現に欠かせない信頼性、可用性、セキュリティを確保する方法として、Linux専用メインフレームが脚光を浴びている。

要約

 近年は、最新のWeb技術やアプリケーションAPIを活用したサービス開発があらゆる領域で行われている。このようなアプローチの1つである「FinTech」も、今では金融機関の周辺業務だけでなく、基幹業務の領域での活用が進んでいる。

 その実現の鍵となるのが、常に最新技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)のメリットを最大限に引き出せるITインフラだ。特に、金融機関の基幹業務システムでは、信頼性、可用性、セキュリティの全てに高い条件が課せられるため、ITインフラ選びがビジネスの成否を左右するポイントとなる。

 そこで注目されるのが、Linux専用のメインフレームだ。金融機関の基幹業務システム運用には向かないといわれるLinuxも、メインフレームの堅固なハードウェアや回路と組み合わせることで、さまざまなOSSを稼働させる基盤となる。本コンテンツでは、メインフレームとOSSの相性が良い理由を分かりやすく解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/05/22
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ471 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け