製品資料

株式会社ミロク情報サービス

会計システムへの不満はどこにある? アンケート調査で分かった製品選びのコツ

会計システムの重要性が増すとともに、そのベンダー選びはさらに難しくなっている。FinTechなどの最新トレンドを意識しつつ、自社に最適な製品を選ぶためには、どのような点に気を付けるべきだろうか。

要約

 財務・経理や人事・総務などのバックオフィス業務の重要性が増したことで、会計システムにはさらに多くの機能が求められるようになった。中でも「経費精算」「販売管理」「資産管理」などの業務システムとの連携機能に対するニーズが高まっている。

 MJSとZDNet Japanが実施したアンケート調査によれば、他にも「内部統制への対応」「他の業務システムとの連携」「BCP(事業継続計画)対策」などの機能を求める企業が多く、現在利用する会計システムの保守サポートへの満足度は2014年以降、低下する傾向にあるという。

 このように会計システムを取り巻く状況が複雑化するなか、FinTechなどの最新トレンドを意識しつつ、自社に最適な製品を選ぶためには、どのような点に気を付けるべきだろうか。本コンテンツでは、同調査の結果を基に、会計システムベンダーを見極めるための4つのポイントを解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「株式会社ミロク情報サービス」に収集される
  • 「株式会社ミロク情報サービス」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社ミロク情報サービス」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


コンテンツ情報

公開日2017/05/02
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ470 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け