Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態

オールフラッシュアレイを選定する際、その選定基準は何にすべきか。指針の1つは、SSDを生かすアーキテクチャである。性能と容量をリニアに拡張でき、安定的な性能を引き出せる理由と実例を紹介する。

要約

 ストレージのドライブを従来のHDDからSSDに変更するだけでは、性能を引き出すことはできない。SSDの動作特性を考慮したアーキテクチャこそが、性能と容量をリニアに拡張できるのである。

 本Webキャストでは、信頼性や運用効率・省スペース・省電力などのTCO削減効果を提供するフラッシュストレージを紹介する。実際に導入した企業が行った性能安定性の試験結果や、さまざまな業種、用途で本番稼働している例とともに、なぜ安定的な性能を引き出せるのかを具体的に解説している。

 ストレージで何より求められる安定した性能を備え、エンタープライズ向けの手厚いサポート体制に基づいたフラッシュストレージとはどのようなものか。その1つの答えが示されている。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/28
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間5分41秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け