レポート

アイティメディア株式会社

Windowsパンデミックがやってくる? パッチも効かないその深刻度とは

「AtomBombing」という新たな攻撃手法が登場した。Windowsの根幹を担う仕組みを悪用したこの攻撃は、パッチの提供すら困難だという。その脅威からシステムを守ることができるのか? “旧式”Windows 7のセキュリティ対策と共にチェックする。

要約

Windowsを使うことはセキュリティリスクの対策をし続けることに等しい。Microsoftが継続的に提供するパッチを適用する目的は、常に新しい脅威が登場するサイバー攻撃に対応するためだ。Microsoftが提供している限りWindowsは安全な状態を保てるというのが、ユーザーにとって「安心感の担保」であった。

しかし、2016年に登場した「AtomBombing」は、「Microsoftでも対策を施すパッチを作成できない」として深刻な問題となった。なぜ、パッチを作成できないのか。そして、どのように対処すればいいのだろうか。

一方、「Microsoftの継続的なパッチ提供が利用するために必要な安心感の担保」であるなら、Microsoftのパッチ提供終了は、安心して利用するための保証がなくなることに等しい。Windows 7は2020年1月にMicrosoftの延長サポートが終了する予定だ。「安心して利用するための保証がなくなる」状態を迎えるわけだが、現状、Windows 7を使っているユーザーは多い。さまざまな事情で今後も使わざるを得ないWindows 7を安心して使うためにどのような対策が有効だろうか。

この疑問に対する答えをTechTargetジャパンの記事で確かめる。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/27
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ486 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け