事例

Auth0,Inc.

大規模認証システム構築事例:1週間で150万ユーザーの増加を支えた技術とは?

英国の大手小売業者であるMarks & Spencerが立ち上げたキャンペーンサイトは、わずか1週間で150万人が登録する大ヒットになった。だが、膨大なアクセスの処理は容易ではない。その強力な認証システムはどのように構築されたのだろうか。

要約

 英国の大手小売業者であるMarks & Spencerは、2015年の歳末商戦に際してゲーム形式のキャンペーンサイトを立ち上げた。アクセスすれば1日ごとにプレゼントを獲得できるチャンスがあり、さらに友人とプレゼントを贈り合うことで獲得チャンスが広がる。この仕組みで、ユーザー登録の急拡大を狙った。

 だが、狙い通りにユーザーが増えれば、認証システムには多大な負荷が掛かる。ピーク時を見据えて同社が設定した性能は、毎秒500回もの認証処理能力だった。その実現のために選ばれたのが、RESTful APIや高度なキャッシュ処理を採用したアイデンティティー管理プラットフォームだ。

 ソーシアルメディア(Facebook、Twitter)と連携させ、膨大な数の顧客に対して自社ブランドをデジタルで利用したこのキャンペーンサイトは見事に当たり、わずか1週間で150万人がユーザー登録を行った。毎日、膨大なアクティブプレイヤーがアクセスしたが、認証システムは破綻することなく、期待通りのスケーラビリティを発揮したという。同社の認証システムがどのように構築され、どのような効果を上げたのか、詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/25
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.25 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け