製品資料

センチュリー・システムズ株式会社

LTE回線での二重化にも対応できる、ゼロコンフィグ対応のVPNルーターとは?

ネットワークの構築や更新でポイントになるのが、ルーターの選択だ。インターネット通信の負荷軽減や、ルーターの集中管理、ゼロコンフィギュレーションの実現を考慮しているなら、LTE回線での二重化に対応するVPNルーターを検討したい。

要約

 ネットワークの構築や更新を考慮しているSIや情報システム管理者にとっては、どのようなルーターを選択するかが重要になる。ポイントになるのは、Office 365などインターネット通信の負荷軽減を考慮しているのか、無線LANを使用した店舗など向けのシステム構築を考えているのかなどだ。

 そこで注目したいのが、オフィスネットワークを安価な無線(LTE)回線を使用して二重化できるルーターだ。Office 365やWindows Updateの通信のみを直接インターネットに流すことで、センターを通過する通信量やセッション数を低減できるほか、Linuxコンテナを利用した仮想環境が提供され、自由にユーザーアプリケーションを搭載できる。

 また、機器の自動接続、一元管理を行えるマネジメントシステムサービスにも対応し、ゼロコンフィギュレーションを実現できる。本コンテンツでは、これらの機能を備えたVPNルーター製品について、無線LAN対応モデルを含む幅広い製品ラインアップや機能の詳細を紹介する。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2017/04/21
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ982 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け